Home > 不動産市況 > 富裕層向けマンションの人気は相続税対策? シニア層のニーズとの関連は

富裕層向けマンションの人気は相続税対策? シニア層のニーズとの関連は

Senior
(写真=PIXTA)

近年、都心の中心部やお台場などのタワーマンションを中心に、富裕層向けの高級マンションが増加しています。

そのマンションを購入している富裕層には、シニアも少なくありません。『図解 富裕層ビジネス最前線』(中経出版、2013年)によると、日本で富裕層に分類される1億円以上の資産を持つ人の年代は、55歳~65歳が30%、66歳以上が47%です。現在においても、この層をターゲットにしたマンションが多く建設されているそうです。

今回は、富裕層向けのマンションが実際住むにあたり、シニアのニーズに合致しているのか、シニア層のニーズとの関連性について考えてみましょう。

コンシェルジュサービスはシニア層の生活サポートに役立つ

富裕層向けマンションには数々のサービスがありますが、その中でも一般のマンションにはまずみられないものといえば「コンシェルジュサービス」でしょう。宅配便の受け取りや来客の案内だけではなく、毎日の買い物や車の手配などをしてくれます。

こうしたコンシェルジュサービスは、シニアにとって大変心強いものでしょう。専門の介護マンションにあるような、毎日の見守りや徹底した健康管理までは難しいでしょうが、65歳を超えて、シニアと呼ばれる世代になっても、まだまだ元気に体を動かせるという人にとっては、十分なサービスといえるでしょう。

都心の真ん中という住みやすさ

富裕層向けマンションの立地は、都心部や駅に隣接した場所など、基本的に交通の便がいい場所に建てられることが多く、また、交通の便がいいだけではなく、便利なお店が近隣に多くあるので、毎日の買い物に長い距離を歩いて行く必要がありません。都心部ならば、ネットスーパーなどのデリバリーサービスも充実していて暮らしやすいでしょう。

交通の便がよければ、子どもや親族の家への訪問がしやすく、旅行などにも気軽に出掛けられます。シニアの富裕層にとって、便利な立地にある住まいは大変利用価値の高いものといえるでしょう。

マンションの設備面が充実

一般向けのマンションでもキッズルームやラウンジなどはみられますが、富裕層向けの高級マンションでは、これらに加えてゲストルームやスポーツジム、プールにシアタールームなどが備えられている所が少なくありません。医療モールが下層階に入っている物件もあります。こうした設備の充実も、シニアにとっては重宝なものとなるでしょう。

高齢になり、思うように体が動かせないと、どうしても家に引きこもりがちです。大切な時間を楽しく過ごしたいけれども、遠距離の外出は身体的に難しいというシニアには、マンション内に交流の場があると、他の住人とコミュニケーションも取れます。毎日が楽しく過ごせますし、健康維持にも役立つでしょう。こうした交流の場は、リタイア後の人生をより豊かなものにしてくれるはずです。

実際に増えている高級老人ホーム

マンションとは少し趣が違いますが、高級老人ホームの例をみてみましょう。高級住宅街の東京都世田谷区成城にある「サクラビア成城」は、入居者の平均年齡が82歳、入居費用は夫婦で最低でも1億円以上というものです。

その分、看護師や常勤の医師が健康状態を常にチェックし、料理もそれぞれの住人に対応して提供してくれるなど、非常に行き届いたサービスとなっています。また余暇を楽しむ教室やバスツアーが行われるなど、人生の「質」を向上させる設備も充実しています。

現在シニア向けのマンションとして販売されているものは、基本的に自立した生活が送れる人や軽度の介護状態の人を想定したものとなっています。重度の介護状態になると退去しなくてはいけない物件もあり、「終の棲家」として安心して過ごせるかというと、簡単ではないかもしれません。

手厚いサービスを受けられる老人ホームと、将来的に資産として遺せるタワーマンション。両方のメリットを取り入れた、富裕層対象のシニア向けマンションが、今後市場にみられることになるかもしれません。

>>>>【期間限定 無料プレゼント】2年で年間家賃収入を1700万円にした不動産投資の極意が全て詰まった500ページの『不動産投資大百科』の申込はこちら

【人気記事】
平成28年度税制改正で規制が入る「不動産投資に関する消費税還付」とは?
日銀のマイナス金利が不動産投資に与える影響とは?
不動産投資の成否のカギは対象エリアでの賃料相場の把握
規制緩和でAirbnbでの空室運用が実現!?高稼働率の実現も夢ではない
ROIを自分で計算できるようになりましょう! 不動産投資の重要指標

Check Also

data

富裕層は知っておきたい都心高級マンションの市場動向

投資用物件の価格伸び率は多少鈍 ...